ベーシックインカムってなに?


ベーシックインカム

ベーシックインカムとは、
政府が全国民に対して最低限の生活を送るのに
必要とされる現金を無条件で定期的に給付することです。

スイスではベーシックインカムを導入するか国民投票を行う予定があります。
ベーシックインカムが実現すると、働き方が多様化します。
生活できる程度のお金があれば、週休2日の仕事を無理にする必要がなくなります。

週3勤務や休職して旅行を楽しむ人も増えます。
フリーターや派遣社員などは低賃金に苦しんでいますが、
ベーシックインカムでは自由な働き方として人気を集めます。

一方で労働意欲は向上します。
生きるための仕事ではなく、
自分がやりがいを感じる仕事に就くので真面目に働く人も増えます。

現在は全く働かないで生活保護を受ける方が収入が多くなることが少なくありません。
年金や生活保護といった制度が国民の労働意欲を削いでいる面もあります。

ベーシックインカムでは所得によって支給される金額が変わることがないので、
一生懸命に働いて給料を増やせば、その分生活が豊かになります。

さらに、お金を第一に考えないのでブラック企業が淘汰されて、
健全な企業だけが残ります。
重労働で低賃金の仕事がなくなるので、
つらい仕事は今よりも賃金が上がります。




新着記事情報

TOP(2015.09.13)

世界にみるベーシックインカム(2015.09.13)

日本にはベーシックインカムはないの?(2015.09.13)